静岡県内のカギを閉じ込めた、失くしたなどのトラブルをすぐに出張解決。「鍵のサービス110番 カギ・フジ防犯」

メールフォームはこちら
車・バイクの鍵の紛失・作成に即日対応

鍵のトラブル豆知識

トップページ>鍵のトラブル豆知識>イモビライザーの仕組み

イモビライザーの仕組み

イモビライザーはどんな仕組み?

イモビライザーはIDの照合でエンジンがかかる仕組みです。車両本体の電子制御装置に登録されたIDコードと、専用の鍵に埋め込まれたICチップに記録されているIDコードが一致しなければエンジンは起動しません。

通常の鍵では合鍵を用いることでエンジンはかかりますが、イモビライザーが搭載されている車は、鍵穴を完全に複製してイグニッションスイッチに挿入できるキーを作製したとしても、エンジンは動かないのです。イモビライザーの防犯機能によって、車の盗難被害を防ぐことに繋がります。


ヨーロッパを中心に日本でも拡大する「イモビライザーの装着」

ヨーロッパでは全車種にイモビライザーの搭載が義務づけられています。そうすることで自動車の盗難事故件数は減少し、自家用車から小型車、トラックに至るまで幅広く導入が進んできました。

日本では2000年頃から高級車を中心に普及が始まり、まだ完全に義務化はされていません。しかし多くの車種に標準装備・オプション装備されるようになり、未然に盗難を防ぐ対策として大きく貢献しています。

  • お見積り相談無料 0120-189-419
出張エリア静岡県全域OK!
※伊豆方面及び山間部は内容により対応できない場合がございますのでご相談ください。
緊急の鍵のトラブルなら、静岡市から『鍵のサービス110番 カギ・フジ防犯』が静岡県内全域どこまでもお伺いいたします! 通話はフリーダイヤルになっていますので、お気軽にお電話ください!
静岡市・藤枝市・島田市・焼津市・牧之原市・掛川市・袋井市・清水区・由比・蒲原・富士市・富士宮市・沼津市・裾野市・三島市・長泉地区 他

▲ページの先頭へ